娘は女の子を出産!ヨーロッパの出産事情は?直行便でフランス、シャルルドゴール空港へ

娘から連絡が来ました。
「陣痛が始まった」と「入院する」とも
退院は3日後。

フランスの出産の主流は無痛分娩

イギリスのキャサリン妃は赤ちゃんを産んだ
数時間後には、退院していった。

フランスの出産事情はというと
フランスだけでなくヨーロッパや、アメリカもそのようですが、世界的にも「無痛分娩」が当たり前の様です。

痛み止めという、医療が発達し、薬があるのに
どうしてあんな痛い出産に「痛み止め」を使わないのか
あんな痛いものをなぜ、我慢しなくてはならないののか

鎮痛剤を使うのはあたりまえ、むしろ使わない意味が分からない

とうのが主流の考えの様ですね。

旦那さんは奥さんの出産に付き添うのは当たり前。
メジャーリーガーだって大切な試合よりも
奥さんの出産を何より優先させるのが当然なのが欧米なのです。

もちろん、旦那さんの出産休暇もあります。

入院しても出産まで3日

娘は陣痛が少しずつ来るものも出産につながる
強い陣痛は中々来ず、
入院してから出産するまで3日かかることなりました。

旦那さんの出産休暇は5日間ありました。
出産休暇が終わったら私はフランスに着くように行こうと
思っていました。

しかし、生まれない事には、退院の日付がわかりません。
飛行機のチケットまだ取ることはできず、
落ち着かない毎日を過ごしていました。

やっと、退院が決まり、旦那さんの休暇が終わる日も
わかり、急いで飛行機のチケットを予約しました。

フランスいる期間は産後21日間

お産は昔から産後21日は寝てなくてはいけないと言われています。

出産は、病気ではないとはいえ、
10ヶ月間かかって3㎏まで大きくした赤ちゃんがでてくるのですから
体に相当、負担がかかり、体力もなくなっています。

「産後の肥立ち」悪くならないためにも
産婦さんにはちゃんと身体を休めなければなりません。

産後21日間は、フランスにいて、家事をしようと私は
考えていました。

飛行機のチケットの予約へ

英語もフランス語もできない私。
さらに海外に1度しかいったことがない私。

これは、パリまでの直行便を選ぶことしました。
乗り継ぎなんてしたこともないし、
場所によっては、乗り継ぎ場所が遠い所もあると
娘に言われていたので直行便を選ぶことにしました。

直行便でフランスに 飛行機チケットの予約へ

一人で娘も元に行くなんてできない。
空港まで、旦那さんに迎えにきてもらわなければ
なりませんでした。

席はもちろん、エコノミー
フランスのシャルルドゴール空港への直行便の
エールフランスのチケットの予約をしました。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。